思い

まさか、父が入院するなんて。当たり前のことが崩れた日。家族はどう向き合うか?

お久しぶりです。

最近ブログの更新が、なかなかできませんでした。

それには少し理由がありました。

 

まさか、元気な父が入院するなんて。

実は、数か月前から父が入院しています。

いつも元気なだった父。

仕事も一生懸命で、定年を超えても頑張っていました。

 

だから、まさか父が体調を崩して入院することになるなんて思ってもいなかった。

だって、息子をお風呂に入れてくれたり、遊びに連れて行ってくれたり。

こんな普通の生活の日々が、ずっと続くと思っていました。

 

[adsense]

後悔もあったけど、受け入れるということで気持ちが楽になる。

 

長い入院生活の中で、いろいろなことが起こり、今に至ります。

簡単に言うと、身体の状態は徐々に悪くなっています。

それが、現実。

 

『なんでこうなったんだろう?

あの時こうしていれば良かったのだろうか?

なんで、なんで。。。』

 

たくさん、考えました。

私だけじゃなくて、多分、母も、私の兄弟も、夫も。

それぞれが、父に起こったこと、父の状態を理解し、受け入れるまで。

とても、時間をかけて向き合って。

 

『今』があります。

 

ただ、これだけは言えます。

『過去のことを振り返っていても、前に進めない。』

 

うーん。ちがうかな。

 

『これまでのことを受け入れて、これからのことを考えたい』

 

この考えに行きつくまで時間がかかりました。

何とかここまできました。

 

普通の生活は『普通』じゃない。父の「したいこと」を叶えたい。

『父が何をしたいのか。父が望むことは何なのか?』

最近はそればかり考えています。

本当はもっと、したいことがあったはず。

 

今の体の状態で、できることが限られています。

それでも、『できること』なら、全力で叶えてあげたい。

 

私の今一番したいこと。

・父のとの時間を大事に過ごす。

・父が落ち着けるように、傍にいる。

・母に寄り添い、支える。

 

たいしたことはできないけれど、それがわたしの『今したいこと。』です。

[adsense]

 

この「瞬間」を大事にしたい。

今過ごしている、時間。この「瞬間」は本当に一瞬です。

父が入院して、いっそう強く、時間の大切さを感じました。

そして、好きなことをできること。改めて幸せなことなのだと再確認しました。

 

これを読んでくれている人に届けたい思い。

今の「瞬間」を大事にしてほしい。

いつまでも一緒にいることができれば幸せだけど、上手くいかないときもある。

普通に生活することが、普通じゃなくなる時もある。

だから、「やりたいこと」「好きなこと」思った気持ちを大事にしてほしい。

関連記事:父の「したいこと=お家に帰りたい」その時、家族はどうするか。