思い

父の「したいこと=お家に帰りたい」その時、家族はどうするか。

突然、父が入院しました。

数か月前から、父が高熱を出して、緊急で入院しました。

 

【関連記事】

https://uminoie.link/1651-2/

 

数か月の間にいろいろなことが起こりました。

 

救急病院→回復期病院(リハビリ中心)→救急病院(ICUにも入院)→回復期病院(今)

 

Drの先生に言われたこと。『奇跡です』

 

本当にここまで、頑張った。本当に奇跡です。

改めて父の生命力はすごい。

 

[adsense]

 

父がしたいこと。「お家に帰りたい。」

父は大黒柱として私たち子供が成人するまで、4人の家族を支えてきました。

その後も母のためだけに、仕事を定年過ぎても精一杯、頑張ろうとしていた父です。

 

弱音なんて、そう簡単に家族にさえ、言いません。

 

そんな、父が1か月前から毎日言葉にしてきた言葉。

 

「お家に帰りたい。」

 

実は、後遺症もあり片麻痺や記憶の低下、調子が悪い時はずっと叫んでいたり。

時には、ぴたっと喋らなくなり、ぼんやりしていたり。

 

そんな状態の父がお家に帰ってこれるのか?

Drの先生とお話しをしました。

 

 

話し合いの結果、外出でお家に帰れることになりました。

父の「お家に帰りたい」という一番の希望。

家族で話し合い、お家に外出できるように考えてみました。

 

まずは、お家を片付け、電動ベッドを置けるスペースを確保して、電動ベッドや車いすのクッションをレンタル。

 

外出1日目、看護師さんも同伴で来てくれました。

5時間ぐらいお家に帰ってきて過ごしました。

好きなものを食べて、特に何をするでもなく、ベッドの上でテレビをみて。

普通の時間をのんびり過ごしました。

 

[adsense]

 

その後も家族だけで外出を数回できるまでになり、外泊することに。

そして、いよいよ外泊に挑戦!

気合が入ります。

ドキドキ。

病院では騒いでいる父ですが、家では落ち着いている感じがします。

家では寝ていることが多いですが、それでもいい。

 

父と過ごせる時間大事にしていきたいです。

 

関連記事:父に、たくさんの「ありがとう」を届けたい。