思い

父に、たくさんの「ありがとう」を届けたい。

 

お久しぶりです。

皆様にご報告があります。

 

数日前に、大好きな父が遠いところに行ってしまいました。

たくさんの泣きました。

 

 

いろいろ闘病生活の頃のことを思い出します。

この半年、とても長いようで短いようで時間を過ごしてきました。

 

【関連記事】

まさか、父が入院するなんて。当たり前のことが崩れた日。家族はどう向き合うか?

 

 

生きるってなんだろう。

 

そして、

父がしたいことってなんだろう。

私ができることってなんだろう。

 

そればかり考えて生活してきました。

 

 

【関連記事】

父の「したいこと=お家に帰りたい」その時、家族はどうするか。

 

 

 

 

父が外泊します。お家に帰ってきました。

 

その後、父はお家に帰ってきました。

 

大好きな、果物、コーヒーも、アイスクリーム。

食べたい物をたくさん食べました。(お医者さんにも確認済みです。)

 

 

 

 

とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

ベッドで横になっていましたが、孫たちの声もたくさん聞こえたと思います。

 

さすがに初めての外泊なので、家族で交代ずつ夜は起きて様子を見ていました。

比較的落ち着いて寝ている感じがしました。

 

沢山お話もしました。

楽しい時間を過ごしました。

 

そして、予定通り病院に戻りました。

 

その後、体調を崩し、この世から旅立ちました。

 

 

 

 

父に伝えたい思い「本当に、今までありがとう。」

 

父に伝えたい思い。

 

「本当に、今までありがとう。」

「これから、頑張るから見守っていてください。」

「そして、お母さんは守るから心配しないで。」

 

毎日、手を合わせて伝えています。

 

そして、

「おはよう。」と今日も線香をあげました。

 

今日も一日が始まります。

関連記事:父の闘病生活を支えて、家族の思い・生活の変化と「これからの私」について。