コラム

父の闘病生活を振り返る。多くの「学び」と「ありがとう」を届けたい。

公開日:2017年12月2日 / 更新日:2018年7月3日

父が入院し、私の生活はがらりと変わりました。

「父のために何ができるか」

それだけを考えて生活してきました。

そして、父が他界。

たくさんのことを学び・感じることがありました。

たくさんの「ありがとう」を伝えたい。

私の成長記録、そして皆さんに伝えしたい思いを込めて書きました。

 

今だから話せること。父が半年ほど入院していました

 

実は、半年前から父が入院していました。

 

最初、父は体調を崩して熱が出て、腰が痛くなり・・・

正直頑張り屋の父なので、相当無理していたと思います。

 

実はこの記事を書いた時、父は闘病中でした。

 

 

当時、父のことはブログに書いていませんでした。

それでも、伝えたい思い。

間接的に思いを込めてブログで発信しました。

 

自分の身体のサインを見逃さないでほしい。

家族が「おかしいな」と思ったときに声をかけてほしい。

 

今だから話せる思いです。

 

 私は、育児休暇からの復帰時期。振り返ると大変だった。

 

父が入院した4月、私は育児休暇から復帰して会社員に戻りました。

息子(7か月)と娘(1歳9か月)を保育園へ預けて、久しぶりの7時間勤務の復帰です。

7か月の闘病生活、家族の思い。

父を支えるために生活がどんどん変わってきました。

入院した当初は、お話もできて順調に回復してお家に帰ってくると思っていました。

 

でも、現実は違った。

入院中に病状が悪化して、ICU・人工呼吸器・脳出血・片麻痺・・・

いろいろ父は頑張りました。

 

その中で、私自身の気持ちを素直に書きました。

父のしたいことってなんだろう?

仕事をしながら、最低限の生活をしながら・・・

何度も父の入院している病院に行きました。

 

時には、叫んで会話ができなくなったり、コードを噛みちぎるときも。

でも、調子がいい時は孫たちの名前を呼ぶんです。

 

ご飯を食べないといけないと分かっていても食べれない。

でも、家族が付き添って食事を食べさせると、食べてくれる。

 

母も仕事を休み、父に寄り添いながら病院にいました。

家族が傍にいると父は調子がいいんです。

 

平日は仕事終わりにそのまま父が入院している病院へ行き、少しの時間を過ごす。

日曜日は、子供たちが保育園お休みなので、連れてお見舞いに行きます。

 

 

父と過ごせる時間がもう少ないかもしれない。

 

その後、体調がとても悪くなり体力的にも、もう一緒に過ごせる時間が短いかもしれない・・・。

そう思ったときに改めて「父のしたいこと」って何だろう?

と真剣に家族で考えました。

最後に数回、大好きなお家にお泊りしました。

 

大好きな父のと別れ。

いろいろ考えて全力で走った半年でした。

こんなに父のことを考え、父のために行動したのは初めてかもしれません。

 

 

 

とても楽しい時間でした。

 

ベッドで横になっていましたが・・・

娘の「うー・あー」という声もたくさん聞こえたはずです。

息子の「じーじー」という声も。

 

その後、父は体調を崩しこの世から旅立ちました。

たくさんの愛を与えてくれた父に、私は恩返しができただろうか?

その後、振り返って気づく生活の変化

 

振り返ると、生活の時間の使い方が変わっていたんだと気づきました。

 

・お昼の休憩時間に父の様子を尋ねるため母に電話。(毎日の日課)

・仕事終わり父へ会いに病院へ

(子供たちは義母お願いし、本当に助かりました。)

・帰ってきたら、ご飯を作る体力がないのでコンビニ弁当で夕ご飯。

 

 

この時は、家事よりも何よりも・・・

父と一緒にいる時間が大切でした。

 

子供たちのことも大事ですが、義母にサポートしてもらって、本当に助かりました。

おかげで、たくさんの時間を父と過ごせました。

 

父が他界。その後の変化。

 

今、お仕事も復帰して数日たちました。

毎日、日課だったお昼の電話も「もうかけなくていいんだなー。」と実感しています。

なんだか・・・。

 

こうやって、少しずつ心が追い付いていくのかな。

 

たくさんの応援のメッセージもいただきました。

ありがとうございました。

 

【メッセージをいただいて感じたこと】

・たくさん、涙を流してもいい。

・少しずつ受け入れて、少しずつ進めればいい。

・今は、時間が必要。時間は今まで通り、流れていく。

(ツイッターより)

 

先輩方から教えていただきました。

温かいお言葉ありがとうございました。

 

皆さんに伝えたい思い。

 

 

・やっぱり、健康第一

・今の時間を大事に過ごすことの大切さ

・やりたいことをやることって大切

 

 

今年はとても、いろいろありました。

 

健康は本当に、何よりも大事。

普通の生活ができる。

何をしたいか?何をするか?

 

そして、『普通』ってすごいことなんだと実感しました。

 

今まで闘病生活を支えてくださった皆さまに感謝

 

最後に、父の強く思っていた『お家に帰りたい』を叶えることができて、私として、家族としてもよかったと思えました。

私も兄弟もそれぞれ家庭があって、仕事があって。

だけど、何とかして父の希望を叶えたい。

 

「無理だろう」と思っていても、看護師さんへ相談して、お医者さんの話を聞いて、病院スタッフさんに自宅の環境とか調整してもらって。。。

 

いろいろな方の力を借りて、外出も外泊もできたし、実家でゆっくり過ごすことができました。

本当に感謝でいっぱいです。

 

 

だから、本当にやりたいことなら、やったほうがいい。

できないとあきらめていることでも、考え方次第でできることに変わるかもしれません。

 

これからの私。

 

したいこと、やりたいことを少しずつできるように。

自分を大事にできるように。

最後、『満足できた』と思えるような人生を送れるように。

 

日々少しずつ前進して時間を過ごしていきたいです。

これからも、応援よろしくお願いします。

2018年7月3日

 

この記事を書いた12月。

あれから半年、たくさんの方に支えられて今の私があります。

ブログを今日まで続けられたのも、いろいろな出会いがあり、助けがあり本当に感謝でいっぱいです。

これからも、自分らしく全力で生きていきたいです。

普通の人で、特殊能力なんてない私ですが、これからも頑張ります。

よろしくお願いいたします。

 

 

〈2018年7月3日〉 ふんわり全力ブロガー:しー

お仕事依頼

▼イラストのご依頼はこちらから

イラストブログ「しいらすと」