イラスト

絵を描くことが仕事になる。16年前に描くことを辞めた私がイラストレーターになれた理由

この記事では「16年前に描くことを辞めた私がイラストレーターになれた理由」をお話したいと思います。

イラストレーターとして仕事をするために実践してきたこともまとめました。

まだまだ小さな活動ですが、誰かのきっかけになったり、少しでも役に立つことが出来たら嬉しいです。

描くことを諦めた学生時代

私が絵を描きだしたのは小学生のころ…

イラストコンクールに応募して賞をもらったことが嬉しくて、絵を描くことが好きになりました。

そんな楽しかった絵を描くことをパタリと辞めました。

高校の美術部の先輩の絵を見た時

「この人には敵わない」

と思ったことがきっかけです。

進路を決めるためにいろいろ悩んでいた時期でした。

絵を描くことが楽しかったはずなのに、なぜか苦しくなり…

将来、「絵」を選ぶほど情熱が無かったんだろうなと思います。

このころから自然と絵を描くことから遠ざかっていきました。

あれから16年後…私は絵を描いていた

高校を卒業すると、まったく絵を描かなくなりました。

描く機会が無くなった…

その頃から16年…

ブログを書き始め、絵日記ブログを見るようになって自分も描いてみたいと思ったんです。

ふと…イラストを描いてみました。

久しぶりに書いたイラストは、楽しくかけました。

「可愛いイラストが描けたから、ツイッターにアップしよう」

そこから、どんどん楽しくなり次第にイラストを描くようになりました。

絵が上手くなるためにやったこと。

夢中でイラストを描いていると、もどかしい気持ちになりました。

思い描いているようにイラストが描けないのです。

「イラストがもっと上手くかけるようになりたい」

絵を描くことが純粋に好きだった頃を思い出しました。

小学生の時は、好きな「セーラームーン」の絵を描いてワクワクしました。

一生懸命、イラストの練習をしていたあの頃です。

もっと、もっと…上手くなりたい。

その時に出会ったのが、ぱるさん のイラスト1か月強化チーム

【TEAMでふぉるめ】です。

▼その時に参考にした本▼

少人数でデフォルメイラストの練習をしよう!という企画です。

メンバーと話をしている中で、

  • 色鉛筆でイラストを描く技術を高めあう
  • 無料のお絵かきアプリの使い方を勉強する
  • イラストの構成をフィードバックしあう

いろんなことが学べ、有意義な1か月でした。

〈最終日に描いたイラスト〉

このチームでイラストを描く楽しさを思い出したんです。

この活動が無かったら、イラストを描き続けていないかもしれません。

 

▼ぱるさんのブログ#TEAMでふぉるめのまとめ記事

記事:1ヶ月間チャレンジ! #TEAMでふぉるめ で2頭身イラストを練習した結果……

絵を描くことが「仕事」になる?!

イラストを描いて、ツイッターにアップすることが日課になりだんだん楽しくなってきました。

そのころに、趣味ブロガーのクロネさんがツイートで募集していた

「ブログにイラストを描いてくれる人いますか?」

という投稿を見かけたんです。

ドキドキしながら、ツイッターのリプ欄にコメントさせて頂きました。

〈一番最初に描かせて頂いたイラスト〉

▼ブログの一部イラストを描かせていただいています

ブログ:クロネのブログ講座

何度かメッセージのやり取りをして、「イラストのお仕事」をご依頼いただきました。

そのことがきっかけで、はじめてイラストのお仕事をするということを体感したんです。

イラストレーターとしての活動が歩き始めた瞬間でした。

イラストレーターとして仕事をするためにやったこと

イラストを描くことをお仕事にしたい…

ポツリと気持ちが芽生えました。

イラストのお仕事ってどうやって行けばいいんだろう?

いろいろ調べました。

イラストを描いているお友達にアドバイスを頂いたり…

イラストを描かせてもらった方から感想を頂いたり…

本当に人との出会いに恵まれていると思います。

その感想を元に、「16年前に絵を描くことを辞めた私」がイラストレーターとしてお仕事をするためにやったことを書いてみます。

イラストの練習をした

<イラストを練習した本(一部)>

イラストレーターとして活動することを決め、自分のイラストに自信が無かった私はイラストの練習をしました。

描くにつれてだんだん自分のイラストが分かってきました。

得意なイラストが大体分かってくると、

「皆が必要としているイラストの系統ってどんなものだろう?」と考えました。

好きに描くイラストと、お仕事としてお受けするイラストは求められることが違ってくるのです。

イラストを描く人ならだれでも直面する内容だと思います。

自分の中で自分のイラストとお仕事のイラストのバランスが分かってきたので、ここから先イラストレーターとして活動する方向性を決めるうえで軸が決まりました。

▼イラストを練習した本▼

イラストを描く環境と時間を整えた

<色鉛筆と紙で描いたイラスト>

お絵かきする環境がどんどん良くなっています。

  1. 色鉛筆と紙
  2. スマホとメディバンペイント
    (無料お絵かきアプリ)
  3. 板タブとメディバンペイント
    (無料お絵かきアプリ)
  4. iPad proとアップルペンシル、
    板タブとメディバンペイント
  5. iPad proとアップルペンシル、
    板タブとクリスタ(挑戦中)

最近では、夫からからiPad proをプレゼントしてもらい、また一つイラストを描ける環境が広がりました。

イラスト受注ページを作った

しーさんのイラストサイト【しいらすと】はこちら≫

イラストの受注ページを作りました。

  • イラスト作成の流れと料金表
  • イラスト作成の実績
  • ご依頼者様の感想

イラストレーターさんによって、イラストの作成方法も違います。

ご依頼様も初めて依頼される方が多い印象…

気持ちよくご依頼いただけるように、イラストのご依頼ページを作成しました。

時々見直して、分かりやすいように整えたり更新しています。

イラストからマンガまで描けるイラストレーター

イラストをアップし続けて、見てくれている方から

「ゆるかわいい」

「癒される」

とても嬉しいコメントを頂くようになりました。

私の書くイラストの「役割」がはっきりして、イラストに自信が持てるようになったんです。

これから先、

漫画も作成していきたい…

挑戦したいことは沢山ありますが、出来ることを一つずつ挑戦していきたいです。

イラストのお仕事の可能性を広げていく

【イラストレーターとして仕事をするためにやった3つのこと】

  • イラストの練習をした
  • イラストを描く環境と時間を整えた
  • イラストの受注ページを作った

16年前に描くことを辞めた私は、今イラストを描いています。

最初は小さな、きっかけから出会いがあって、そこから広がる縁がある。

そこから、イラストレーターのお仕事を始めました。

他の人のイラストを見て、比べてしまったり

稼ぐことが難しいと思って絵を描く職業を選ばずここまで来ましたが、副業としてイラストレーターをしています。

好きなことが仕事になる…

その可能性があるならチャレンジしてみる価値がありますよ。

▼イラストを練習した本▼

お仕事依頼

▼イラストのご依頼はこちらから

イラストブログ「しいらすと」