ブログ

うわさの【ゼロ秒思考】を実践!本当に頭がよくなる?!

私は、自分が何を考えているのか、感じることが苦手です。

更に、自分で思っていることや考えていることさえ、まとめるのに時間がかかります。

「もっと人にうまく説明できるようになりたい。」

「自分の気持ちをちゃんと伝えられるようになりたい。」

そう思ったことはありませんか?

 

『ゼロ秒思考』という本に出会い、考えのまとめ方を知りました。

考えを整理する方法を知ることで、新しい自分に出会えます!

 

考えが散らばり、まとまらない。

・考えが、あっちこっち散らばっていて統一感がない。

・考えていないわけじゃないんだけど、興味があることこそ、思考が散らかっていると思う。

・何か、心の奥で思っていることがあるんだけど、それを言葉にするのが時間がかかる。

・人の話を聞いていて、自分の中に思うこと・感じることがあるんだけど、うまくまとまらず。
 伝えられないもどかしさがある。

 

これ全部私です。

話をまとめたり、するのってどうも苦手・・・。

そんな時に【ゼロ秒思考】という本に出合いました。

 

ゼロ秒思考って本が、良いらしい。

少し前にブームになった本なのでしょうか?

私は最近知りました。

『ゼロ秒』?『思考』?

 

思考について、悩んでいたので早速読んでみたのです。

【ゼロ秒思考】って?

思考の「質」と「スピード」、

双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。

ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状を認識をし、瞬時に課題を整理し、解決策を考え、

瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。

迷っている時間はゼロ、

思い悩んでいる時間はゼロとなる。

(ゼロ秒思考より引用)

 

えーっと・・・

サッと考え、行動に移すトレーニング・・・かな?

 

ゼロ秒思考のプログラムをやるとどうなるの?

よくよく読んでみると・・・

紙に書き出すことで、いつも自分が思っている以上の深いところまで見つめることができるというもの。

書き出すことで、「思っていること、感じていること、考えていること」があふれてくるらしい。

そして、その溢れてきた思いの整理するきっかけになる。

 

もっと、すごいのが

物事の本質に気づけるということ。

 

うーん・・・そんなに上手くいくのかな?

 

ゼロ思考の方法とは?

用意するものはA4用紙とペン。

 

・思いついたことを何でも書く。
・1ページ1分で思いついた瞬間に書く。

 

もう少しルールがありますが、基本この二つ。

 

早速やってみた。結果は撃沈・・・。

私もやってみました。

最初は、言葉が浮かばずペンがとまったままでした。

 

だんだんと慣れてくると言葉が溢れるように出てきます。

書くスピードが追い付かないぐらい。

 

でもね。

数日しか続かなかった。。。

 

なぜなら、A4の紙を毎日用意して、書いてまとめて・・・

私、まとめる作業が苦手だった。

たくさんの紙にかいて、まとめて置いておく。

これができず、部屋に紙が散乱・・・・撃沈・・・・チーン。

 

学ぶこともある。

でもね、チャレンジしてみてよかった。

紙に疑問や思っていることを書いてみると、

 

「なぜ自分がこう考えたのか?」

「なぜその気持ちになっているのか?」

 

今、自分はどう思っているのか?

考える、いいきっかけをくれたから。

 

チャレンジして変わろうとしただけでも、いいじゃないか。

私の「ゼロ秒思考」大作戦は失敗に終わりました。

続けられてないから失敗かなーと。

 

でも、本のルールが絶対じゃないし自分流を作って、続けられたらいいなって思う。

方法が合わなくても、自分の気持ちをしっかり見つめることができた。

今まで出会っていなかった自分に出会えた。

それだけで、大収穫だと思う。

 

やりたいと思ったら、『また、やればいい』

そしてね。

気になったら、またやればいいと思うの。

「ゼロ秒思考」のワークを。

そう、やりたいと思ったら1日だけでもいい。

それでも気づけるものはきっとある。

だから、焦らない。

 

まとめ

『ゼロ秒思考』の紹介でした。

内容を細かくというより、私の体験談のほうが割合しめてましたが・・・

これだけ言えるのは、この本は、

 

・自分を見つめたい人

・新しい自分を発見したい人

・変わりたい人

・うまくまとまらない自分の考えを整理したい人

・考えを整理する能力を身につけたい人

 

オススメします。

前に進みたい人にも、立ち止まっている人にも、過去の自分を振り返りたい人にも・・・

この本が少しでも『気になった』という人には読んでもらいたい本です。

私みたいに、きっと何か変わります。

お仕事依頼

▼イラストのご依頼はこちらから

イラストブログ「しいらすと」